会社概要


メカセラは東北大学との共同研究により生まれた触媒セラミックです。

一流企業との販売促進営業展開、公共事業への貢献をしています。

ファーストランナー企業として他社より優れた製品の提供を目標としています。


株式会社セイスイ

所在地 <本社>

宮城県仙台市青葉区一番町1丁目12−2
TEL 022-217-7731 FAX 022-217-7735
E-Mail sendai@seisui.jp

資本金 2,500万円
代表取締役  庄子 政巳         


事業内容
排水処理事業
汚泥削減事業
水質浄化、改善事業他
メンテナンス事業(保守点検並びに補修)
水質分析
主要取引先 コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド
日本防蝕工業株式会社
古河機械金属株式会社
株式会社大林組
富士化水工業株式会社
株式会社栗本鉄工所
主要仕入先 協和機工株式会社
原田電気株式会社
技術提携先 東北大学金属材料研究所
東北大学農学部
東北大学工学部
東京工業大学
宮城大学
取引銀行 三菱東京UFJ銀行仙台中央支店

 沿 革

 

昭和58年 3月 機能性セラミックの開発に着手
昭和60年 5月 給水管、排水管の赤サビ、赤水等水処理装置の研究、
上記セラミックの対応実験に成功
アメリカ特許取得
平成 元年 2月 新商品セラミックの企画開発に東北大学工学部教授の指導実験体制確立
平成 6年 7月 空気浄化装置
MRSA菌、ダニ、カビの発生を抑制する殺菌効果が、
日本微生物研究所でテスト結果発表される
平成 7年11月 スーパーアルゴン生ゴミ処理機 登録商標申請
平成 8年 4月 東京湾海底トンネル簡易ポリパックトイレ脱臭装置開発
平成 8年 5月 農水省需給センター食品ゼロエミッション研究に 採択される
平成10年 3月 潟Iンワードエコパークと環境関連の事業展開に伴う技術業務提携契約
平成10年 5月 酸化チタンを用いたチタニアセラミックスの開発
平成10年10月 千葉県手賀沼浄化公開試験に採択される。(平成11年10月〜平成12年3月迄)
平成10年12月 株式会社日総研設立販売強化策として分社化導入
平成11年 3月 メカセラODS油澄装置開発
平成11年 4月 宮城県知事より中小企業創造技術開発の認定を受ける
平成11年 7月 「メカセラ装置」特許公開
平成11年 9月 東京営業所開設
平成12年10月 NPO東北環境メッセ2000展示会出展
平成13年 1月 鶏糞及び豚糞の液化浄化水質改善装置完成。
平成14年 4月 「汚泥削減装置(SDO)」の開発・販売開始
平成14年 9月 食肉処理排水の汚泥減容試験開始
平成15年 5月 栃木県二宮町二宮地区農業集落排水処理施設での汚泥減容試験において
汚泥減容率83%達成
平成15年 6月 発光ダイオードと酸化チタンを用いた脱臭・除菌装置「エアクリーナー」を開発。
宮城工業高等専門学校と東北大学との酸化チタンの微粒子化について研究開発
平成15年 8月 パチンコ店内の煙草の脱臭、吸殻の処理技術の開発、販売
平成16年 8月 メカセラ除菌システム開発、養鶏場、野菜洗浄工場へ販売
平成17年 4月 トイレ洗浄用メカセラ装置開発開始
平成18年 4月 メカセラ水を用いた燃焼排ガス、排水浄化方法及びシステムの開発
平成20年 9月 「マルチェコ」の販売開始
平成20年10月 『第12回みやぎものづくり大賞』にて≪メカセラ排気ガス浄化装置≫が優秀賞を受賞
平成21年 4月 環境省の『平成20年度 環境技術実証事業』(小規模事業場向け有機性排水処理技術分野)にておいてメカセラ装置による汚泥削減を実証




 メカセラ装置の主な設置先

  • 天王州アイル日本郵船ビル
  • ソニー白石セミコンダクタ
  • ソニー仙台テクノロジーセンター
  • 三菱電機西条工場
  • 森永乳業 村山工場・福島工場
  • 国立福島病院
  • 下関シーモール
  • 国立極地研究所
  • アリアケ・ジャパン
  • 三菱伸銅 会津工場
  • オリンパス光学 
  • 宇多津ビブレ
  • 仙台三越
  • ヤマハ 熊本工場
  • 東芝 岩手工場
  • クボタ 大阪工場
  • 東芝メディカル 那須工場
  • ニッセイ・アスレチック
  • 河北新報社
  • 仙台第1・2ワシントンホテル
  • 仙台藤崎
  • 大成建設(株)東北支店
  • 東名自動車道足柄山PA
  • 平成ゴルフ倶楽部
  • レイクランド・カントリークラブ
  • 豪華客船 飛鳥(日本郵船)
  • 農業・漁業集落排水処理場の脱臭装置市町村230ヶ所以上